地主様向け / 売買・建築 / 貸主様向け / 顧問契約 解決事例

自分の土地が他人の土地になっていた、、!

  • 職業:法人
  • 地域:京都府舞鶴市

事例

数十年前に売買契約をして所有権移転登記も済ませていると、買主も売主も誤認していた。売主が、その隣の土地をCに対して売却処分したが、数十年前に売ったと思っていた土地も一緒に、売却したことになってしまった。数年後、Cが、突然、賃料を払え等クレームを入れてきた。どうしたらいいか、、。

解決までの道筋

Cは、不動産購入時、売却範囲の説明を受けており、自分の土地になっていることを知らなかったようです。数年後、偶然気が付いたCは、ここはチャンスと賃料請求等をしてきました。もっとも、売却東寺の資料が残っておらず、明確に売却範囲を特定することは困難でした。

しかし、売却担当者、仲介業者に聞取りをしていくと、やはり売却範囲に入っていないと説明しており、立証も可能と思われました。また、これまでの事実を見ていくと、Cが、売却当時、買受けたと誤認するような事情はなく、これまでの経緯からも、しらなかった可能性が高かったです。

解決のポイント

訴訟解決がベストとは限らない!

当事務所としては、ご依頼を受けてから、最悪の状況を想定し、徹底的に訴訟で争っても勝てる状況を作る努力をしてきました。その努力をしつつ、本件解決に当たって、依頼者目線からベストな解決策を探ってきました。

徹底的に争い、訴訟となると、弁護士費用が必要であること、数年の月日を要することが最大のデメリットです。弁護士としては、訴訟したいところですが、依頼者にとってどうかを検討した結果、話し合いで解決させることです。

相手は、相当強欲でかなり時間を要しましたが、なんとか話合いでまとめ上げることが出来ました。費用だけを見ると、それほど安くならなかったかもしれませんが、時間はかなり短縮することが出来たのではないでしょうか。

喜んでいただけて良かったです。

不動産トラブルに強い弁護士に安心してご相談ください

ご予約で、夜間・土日・祝日のご相談も承ります!

受付時間 / 毎日9:00~20:00 定休日 / なし
※お休みをいただいている場合もあります。