不動産のお悩みは専門弁護士に弁護士法人あい湖法律事務所にお任せください。

運営:あい湖法律事務所滋賀・京都不動産トラブル相談窓口

0120-001-694
受付時間:毎日9:00~20:00/定休日:なし

地主様向けサービス不動産の任意売却

民事執行法による競売手続きのような法定の手続きによらず、債務の担保となり抵当権などが設定されている不動産を、債権者の同意を得てその所有者が任意に売却し、その売却代金により債務の弁済を行うことを任意売却といいます。
住宅ローンの返済が厳しくなった。またはすでに滞納している。離婚をすることになったので自宅を売却したい。などの場合に任意売却で解決できます。
強制執行される競売とは異なり、関係者の合意に基づいて行われる任意売却は多くのメリットも存在し、債権回収の手段として広く行われています。

任意売却のメリット

(1)競売に比べ、高額の売却代金を期待できる競売に比べて任意売却は通常は時価による販売・売却ができるため、より高い金額で売却できることになります。競売の場合は不動産業者が転売目的で買い取るため、市場価格の2~3割ほど安い価格での売却となります。
また、債権者(お借入の金融機関)は、売却後の残りの債務についての相談にも良心的に応じてくれます。

(2)内情を知られずプライバシーを守れる競売を申し立てられた場合は、裁判所により当該不動産について競売を行うことが公表され、物権所有者にとっては、借金問題を抱えていると公表されることになります。一方、任意売却であれば、どのような理由で不動産を売却したかという内情を知られるリスクを抑えることができるでしょう。

(3)早期の売却が期待できる競売の場合、裁判所主導により競売対象不動産の現況調査や不動産鑑定士による評価、物権明細書の作成、入札手続き、代金納付、配当などの手続きを行うことになり、通常1年程度の期間を要します。一方任意売却は、特殊な場合を除き、通常これよりも短期間での問題解決となることが多いといえます。

不動産の任意売却の弁護士費用の目安

法律相談 30分あたり5000円
但し、正式ご依頼後の打ち合わせは全て無料です。
任意売却交渉等のサポート お見積もり致します。
任意売却に関連する法律問題の処理 お見積もり致します。

※表記は税別となります。
※任意売却は事情によって事案の難易が大きく左右されるので、個別にお見積もりをさせていだきます。

弁護士による
無料電話相談

お電話でのお問合わせ

0120-001-694

【受付時間】毎日9:00~20:00
【定休日】なし
※お休みを頂いている場合もあります。

メールでのお問合わせ

メールアドレス

お問い合わせフォーム

不動産法の
基礎知識
Page Top