地主様向けサービス 不動産の任意売却

より高い金額でも不動産売却取引を成立させます

法的手続きをせず話し合いで売却することを任意売却といいます。
住宅ローンの返済が厳しくなった、すでに滞納している、離婚に伴う財産分与をすることになったので不動産を売却したいなどの場合に、法的手続きをとることで殉難性が失われるだけでなく、高額での売却が出来る可能性があります。
強制執行される競売とは異なり、関係者の合意に基づいて行われる任意売却は多くのメリットも存在し、債権回収の手段として広く行われています。

任意売却のメリット

(1)不動産に付加価値を加えて有利な売却が可能

不動産の金額は、同じ不動産であっても、現状によって、その価格は数割どころか数倍になることもあります。更地、接道幅といった点だけでなく、近隣不動産との関係など、様々な要因があり、欲しい人の特性に合わせるだけで、欲しい人にとっては何にも代えがたいものとなり、市場よりもずっと高い金額を払ってくれるのです。不動産投資の専門家、付加価値を付けるコンサルタントと連携して、より高い金額で売却を試みます。

(2)競売に比べ、高額の売却代金を期待できる

一般論ですが、裁判所で行われる競売に比べて、任意で売却した方が、時価に近くなる上に、本当に欲しい人を探して売却することができます。そのため、より高い金額で売却できることが多いです。
競売の場合は、瑕疵担保責任の問題があること、多くの不動産業者が転売目的で入札に参加することから、不動産の所在地にもよりますが市場価格より安い価格で落札されることが大半です。
また、任意売却による場合は、抵当権者(金融機関)が、柔軟に対応してくれることも多く、売却後の残りの債務についての相談にも良心的に応じてくれます。

(3)内情を知られずプライバシーを守れる

競売をすることになると、裁判所により当該不動産について競売を行うことが公表され、ホームページや掲示板等で閲覧可能となります。物権所有者にとっては、債務超過に陥り返済が不可能ないし厳しい状況にあることが公表されることになります。
一方、任意売却であれば、そういった手続きをとらず、不動産仲介会社等の力を借りて売却するのみですから、内情を公表されることはありません。

(4)早期の売却が期待できる

競売は、裁判所の手続きであり、公の機関ですから、現況調査、評価、物権明細書の作成、入札手続き、代金納付、配当などの手続きが必要であり、スピード感はありません。そもそもスピードを気に留めることはありません。
一方、任意売却は、特殊な場合を除き、任意ですることですから、極端な話、買い手が見つかり、現金での支払いとなれば、翌日に売却することも出来ます。

不動産の任意売却の弁護士費用の目安

法律相談 30分あたり5,000円 但し、正式ご依頼後の打ち合わせは全て無料です。
任意売却交渉等のサポート お見積もり致します。
任意売却に関連する法律問題の処理 お見積もり致します。

※すべて税別となります。※任意売却は事情によって事案の難易が大きく左右されるので、個別にお見積もりをさせていただきます。

不動産トラブルに強い弁護士に安心してご相談ください

ご予約で、夜間・土日・祝日のご相談も承ります!

受付時間 / 毎日9:00~20:00 定休日 / なし
※お休みをいただいている場合もあります。