不動産の売買・相続など 地主様向けサービス

地代(未払い回収、増額)

地代が払われない、近隣地の地代に比較して著しく低額、など、昨今、地代に係る問題・紛争が増えています。祖父が、仲の良い人に貸したのが始まりだけど、今は、その相続人が住んでおり、顔も知らない。一等地なのに地代が著しく低額。など問題が起きています。特に、関東圏に多く見られます。地価上昇していることもあり、対応は早い方が良いと思います。

「地代(未払い回収、増額)」について詳しくはこちら

借地契約の更新拒絶

どうしても自分が使う理由が出来た、地代は払われているが空き家になっている、など様々な理由で借地契約の更新をしたくない。しかし、そのためには「正当な理由」という重たい条件がある。どのように主張立証するかは大切です。

「借地契約の更新拒絶」について詳しくはこちら

借地契約の解除

地代がもう半年以上払われない、払ったり払わなかったと半年分滞納している。こんな借地人は信用できないので出って言って欲しいという相談が増えております。建物所有目的の借地契約において、期間満了による終了になると、建物買取請求権が発生します。債務不履行解除による解決の方が有利な場合が多いです。

「借地契約の解除」について詳しくはこちら

共有不動産の分割

不動産を共有することによることで、発生トラブルは後を絶ちません。そもそも、不動産を共有しないことが重要ですが、どうしても共有せざる得ない場合があります。共有不動産でトラブルが発生した場合、価値も大きいため問題が大きくなってしまいます。不動産問題に詳しい弁護士が代理人となり、共同売却のための協議や、共有物分割に関する協議・調停・訴訟等の活動を行います。

「共有不動産の分割」について詳しくはこちら

不動産の相続

不動産をお持ちの方や、相続税対策のため不動産購入を検討している方がおられると思います。不動産の購入で相続税の節税もできますが、一方で不動産からの収益の分配や売却意思の相違をめぐり相続人間のトラブルを生む場合や、相続人が納税資金に苦しむ場合もあります。このような状況に備え、遺産分割対策や相続税納税資金の確保についてもご相談いただけます。

「不動産の相続」について詳しくはこちら

土地収用・用地買収交渉

国や地方公共団体が公共事業のために私有地を買収する場合、現金や代替の土地などで補償することが定められています。しかし、補償額の妥当性を把握することは、一般の方にはなかなか困難でしょう。弁護士が代理人となり、正当な補償を受けられるよう交渉を行います。

「土地収用・用地買収交渉」について詳しくはこちら

不動産の任意売却

住宅ローンの返済が厳しくなったときなどに、債務の担保となり抵当権などが設定されている不動産を、債権者の同意を得て任意に売却し、その売却代金により債務の弁済を行います。地元の不動産業者様と連携し、なるべく良い条件での売却を目指します。

「不動産の任意売却」について詳しくはこちら

不動産トラブルに強い弁護士に安心してご相談ください

ご予約で、夜間・土日・祝日のご相談も承ります!

受付時間 / 毎日9:00~20:00 定休日 / なし
※お休みをいただいている場合もあります。