賃料問題・立ち退き交渉など 借主様向けサービス

借地借家の立ち退き交渉

オーナー側から賃貸契約の解除や更新の拒否をするには「正当な事由」が必要とされています。また立ち退き料の補完によってようやく認められるものです。弁護士がオーナー側との交渉や調停、訴訟を行い、正当事由のない立退き要求の排除や、適切な立ち退き料の獲得を目指します。立退きを求められた際はお早めにご相談ください。

「借地借家の立ち退き交渉」について詳しくはこちら

賃料減額請求・増額阻止

賃料が不当に高額の場合は、借主側から賃貸借契約に定められた家賃の引き下げを要求することができます。また逆に、賃料の大幅な増額を要求された場合は、その要求の妥当性を検討し、不当な増額要求を阻止します。

「賃料減額請求・増額阻止」について詳しくはこちら

借地権譲渡・条件変更

借地上の建物を売却したい際などに問題となる借地権の譲渡や、建物の建替え等を希望する際の条件変更などは、借地借家法にて定めがあります。借地権の譲渡や条件変更の許可の獲得を目指します。

「借地権譲渡・条件変更」について詳しくはこちら

不動産トラブルに強い弁護士に安心してご相談ください

ご予約で、夜間・土日・祝日のご相談も承ります!

受付時間 / 毎日9:00~20:00 定休日 / なし
※お休みをいただいている場合もあります。